3歳児までの育児

現在では少子高齢化社会と言われているものの、実際は様々な場所で新生児が生まれています。親御さんの中には思い通りに子供を授かり出産ができた方もいるのでしょう。ですが、対照的になかなか子供が授からず、不妊治療などを経て出産されている方も少なくありません。しかし、子供を産んだ後は妊婦さんから、親になっていきます。親になるということは、当然ではありますが育児をしていくことが求められます。初めて出産された方はどのように育児をすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。現在出産したばかりの方でも事前に把握すると実際に子供がその年代に達した時に参考になります。

例えば3歳児までのお子様の育児方法です。3歳児の育児方法としてはたくさん触れ合うことです。たくさん触れ合うことによって子供の五感が刺激されます。五感を刺激することによって発育に大きな影響を与えます。触れ合い方は絵本を読んであげたり、公園に行ってお散歩をするなどです。その他にも自由に遊ぶことができる場所を設けてあげることです。家の中にも子供にとっては危険な場所は多いものです。例えばキッチンなどです。そのような危険な場所があるため、親御さんの中には子供の行動を制限してしまっている方もいるのです。家の中に子供が自由に遊ぶことができる空間を作ってあげることによって子供は自由に遊ぶことができるので、積極性や好奇心を高めることができます。

上記では3歳児までの育児方法を説明しましたが、今回は思春期の育児方法や育児でのストレスとの向き合い方について紹介します。