育児のストレス解消方法

育児のストレスを感じている方も多くいるのではないでしょうか。例えば赤ちゃんの時はある程度成長するまで24時間、3時間毎に授乳をしなければなりません。そのため、夜中であっても授乳をしなければならないのでお母様の中には睡眠不足に陥っている方も多くいます。また、夜泣きなどをする子供もいます。夜泣きをすると住んでいる家族の多くが目覚めてしまうので、家族全体が疲労を抱えてしまうこともあるのです。

思春期であれば子供からの八つ当たりや冷たい言葉を浴びせられることもあるでしょう。そのような態度や言葉にストレスを感じてしまう親御さんは少なくありません。このように育児には負担がかかるものですので、なるべく日頃からストレスを解消するようにしましょう。

ストレスの解消方法としては自分ひとりの時間を作ることです。近くに親御さんの両親が住んでいるのであれば親御さんに面倒を見てもらいその間にショッピングをしたり食事を楽しむことでストレスが軽減できます。このように育児をすることは前向きにストレスと向き合っていくことが求められます。
育児にストレスや悩みはつきものです。まわりの協力はもちろん、本や子育ての悩み情報サイトなどを利用して解消していきましょう。

思春期の育児

思春期の育児と三歳児の育児方法は異なります。思春期は男の子であれば男性になるための準備期間になります。女の子であれば女性になるために必要な時間になります。そのため、精神的に不安定になるお子様もいるため親御さんの中には育児が難しいと感じる時期になります。

また、子供が何を考えているのかわからなくなる時期でもあります。親御さんの中には子供のことがわからないため、知ろうと努力する方もいますが、詳しく知ったところで思春期が終わるわけではありません。また、思春期の子供は親に冷たく当たってくることもありますが、冷たく当たられたとしても冷静に対処し、頭の片隅に入れておきましょう。

思春期の子供を育児している親御さんの中には子供が離れていくように感じる方もいます。しかし、この状態は一時的になります。また、今まで通り子供扱いで接すると子供は不快な気持ちを抱くこともあるため、なるべく大人として接するように心がけてみてはいかがでしょうか。思春期の子供はイライラしたりすることもあります。また、今までの距離感では接してくれないこともあります。思春期の子供との距離感をなるべく早く掴み、その距離感で接するようにしましょう。

3歳児までの育児

現在では少子高齢化社会と言われているものの、実際は様々な場所で新生児が生まれています。親御さんの中には思い通りに子供を授かり出産ができた方もいるのでしょう。ですが、対照的になかなか子供が授からず、不妊治療などを経て出産されている方も少なくありません。しかし、子供を産んだ後は妊婦さんから、親になっていきます。親になるということは、当然ではありますが育児をしていくことが求められます。初めて出産された方はどのように育児をすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。現在出産したばかりの方でも事前に把握すると実際に子供がその年代に達した時に参考になります。

例えば3歳児までのお子様の育児方法です。3歳児の育児方法としてはたくさん触れ合うことです。たくさん触れ合うことによって子供の五感が刺激されます。五感を刺激することによって発育に大きな影響を与えます。触れ合い方は絵本を読んであげたり、公園に行ってお散歩をするなどです。その他にも自由に遊ぶことができる場所を設けてあげることです。家の中にも子供にとっては危険な場所は多いものです。例えばキッチンなどです。そのような危険な場所があるため、親御さんの中には子供の行動を制限してしまっている方もいるのです。家の中に子供が自由に遊ぶことができる空間を作ってあげることによって子供は自由に遊ぶことができるので、積極性や好奇心を高めることができます。

上記では3歳児までの育児方法を説明しましたが、今回は思春期の育児方法や育児でのストレスとの向き合い方について紹介します。